山笠ニュース & レポート

YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース石村萬盛堂の新しい”タイム掲示”が山笠関係者にお披露目されました

石村萬盛堂の新しい”タイム掲示”が山笠関係者にお披露目されました

本日7月27日(火)の午前10時過ぎより、リニューアルオープンを3日後に控えた石村萬盛堂の新店舗にて、博多祇園山笠振興会の役員への”タイム掲示台”のお披露目と確認が行われました。

昨日のニュースでご紹介した石村萬盛堂の新しいタイム掲示台ですが、本日はタイム掲示台の窓が開けられ、スライド式の床が引きだれて、初めてその姿を現しました。

横から見たら、歩道の線内に収まっており、スライド式の床は”廻り止め”の門と街灯の支柱の位置よりも内側に作られたことがよく分かります。石村萬盛堂の「山笠のラストスパートを邪魔しない」「神を見下ろさない形で」という山笠進行に配慮した心遣いと気持ちが、このスライド式の床の張り出し具合からよく分かります。

山笠振興会の役員が到着すると、さっそく各流のタイム掲示の板が掛けられて、”お披露目”と”確認”が行われます。

タイム掲示の位置について”今までと同じ目の高さに合わせて作った”事を説明されると、役員の間から感嘆の声が上がりました。

また、役員が実際にタイム掲示台に上がって、掲示台のスペースや頭との高さなどを確認しました。

この後、役員はエスペリアホテル福岡中洲の視察も行い、展示されている博多祇園山笠関連のあしらいを確認しました。

次にこの姿を見るのは、来年の7月15日早朝。来年が大変楽しみになりました。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す