博多祇園山笠用語辞典

YAMAKASA DICTIONARY

山笠ナビ博多祇園山笠用語辞典いわこぶ

岩こぶ(いわこぶ)

舁き山、飾り山の飾りに使われる飾り部品の1つ。その名の通り「岩」などの表現に使用される。
黒い立体形のパーツで、金色、銀色、水色を使って描かれた放射線状のデザインが施されている。このデザインは岩に含まれる雲母をイメージしているらしい。

素材は紙と竹と木。立体形だが中は空洞になっており、素山に固定するための棒が付いている。
細かい飾りとして使われるため大量に作る必要があり、山笠飾り制作時期になると人形師の工房のあちらこちらにこのような飾りが溢れるように並べられている光景を目にすることができる。

岩をイメージするため黒ベースのなのだが、2016年の博多リバレインの飾り山の見送り「げんき一○○倍」はアンパンマンがテーマであり、アンパンマンの世界観を崩さないよう緑色に塗られた岩こぶが使われた。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す