博多祇園山笠用語辞典

YAMAKASA DICTIONARY

山笠ナビ博多祇園山笠用語辞典さじきせき

桟敷席(さじきせき)

櫛田神社の境内周囲に作られる、いわば櫛田入りの「アリーナ席」。
毎年6月中旬から櫛田神社内に資材が運び込まれ、清道を取り囲むように建設される。

桟敷席のチケット販売は、毎年6月26日の櫛田神社にて。販売されるのは、7月12日の「追い山ならし」の桟敷席300枚と、7月15日に行われる「追い山」の桟敷席300枚、合計600枚の桟敷券。桟敷券が買えるのはこの場所・この日・この時間のみ。そのため桟敷券の入手は非常に困難であり、まさに「プラチナチケット」と化す。
桟敷席券の価格は、追い山ならしの桟敷席券は1枚3000円(1人2枚まで)、追い山の桟敷席券は1枚6000円(1人1枚限り)。

この桟敷席が作られるようになったのは昭和32年から。
見物しやすいようにとの判断からで、当初の収容人数は約800人。昭和51年に今と同じ鉄パイプでの桟敷席建設になったが、それまでは丸太で桟敷席を作っていた。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す