博多祇園山笠用語辞典

YAMAKASA DICTIONARY

山笠ナビ博多祇園山笠用語辞典山笠トリビアちゅうし・ちゅうだん

中止・中断(ちゅうし・ちゅうだん)

梅雨の真っ直中に行われる博多祗園山笠は、これまで(少なくとも戦後)、天候が理由で中止になったことは一度もない。
どんな大雨でも、台風が近付いてきていても、山笠の行事は天候に関係なく、決まった日に決まった行事が執り行われる。
(※但し、過去に台風接近のため山小屋を予定より早めに撤去した例はある)

明治31年(1898年)の中止騒動

ただ、一時的な中止はなく、開催事態中止にする動きが一度起こっている。

明治31年(1898年)、当時の曽我部福岡県知事が博多山笠の中止を提議し、博多は大騒ぎとなった。
当時舁き山は飾り山のように背が高くて電線を切る事が多かったのと、当時の衣装は締め込み一丁だったため公序良俗に反しているという点がその理由。
博多の人々は九州日報の小島一雄主筆に助力を要請。自らも県庁、市役所に押しかけ、結局は小島主筆の仲裁で存続が決まった。
一方で、存続派も譲歩として、舁くための背の低い『舁き山』と据えて見物する背の高い『飾り山』の分離を行うようになり、また、締め込み一丁の上に水法被を着用するようになった。

山笠の「中断」の歴史

博多山笠は2度中断ししている。

最初は明治6年(1873年)~明治15年(1882年)までの10年間。
旧来の祭りや慣習は弊害あっても一利無し、との理由で、近代化を推し進める明治政府の指示で県が禁止令を出した事が原因。
昭和8年(1875年)に一度だけ急に山笠が許可された事があるが、あまりにも急な許可のため飾り物を作る時間が無く、浴衣で作った「ゆかた山」で間に合わせたと記録が残っている。

2度目は昭和20年(1945年)~昭和22年(1947年)まで。昭和20年6月19日に米軍航空機B29による爆撃による『福岡大空襲』が行われ博多は焦土と化してしまう。この空襲と終戦に伴う混乱が原因となりやむなく中止となる。
昭和21年、22年には復興の希望を乗せて子供山笠が走るが、本格的な山笠の再開は23年からである。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す