山笠ナビ チャンネルYouTube

山笠ニュース & レポート YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース恵比須流が小屋入りを、千代流が棒洗いを行いました

恵比須流が小屋入りを、千代流が棒洗いを行いました

山笠準備期間折り返しの日曜日。お天気に恵まれた本日6月16日(日)は、恵比須流が小屋入りの神事を執り行いました。

お祓いを受けるために、山小屋建設予定地に山小屋の部材や、山笠台の部材、流舁きに必要な道具などを、男たちが午前8時前からきれいに並べ置きました。

神事の時間まで神事に向けて準備が行われます。舁き棒の先についている鼻冠も磨き上げられ、顔が写るほどピカピカに。

午前9時より始まった小屋入り神事では、祝詞が詠みあげられ、並べた部材や道具が神職によって祓い清められました。

最後に玉串が奉納され、小屋入りの神事は無事終了。地鎮祭・小屋入りとお祓いを終えたので、恵比須流は山笠台の製作と山小屋建設に着手する事になります。

神事後の光安総務のあいさつで、博多高等学園の生徒さんが作られたばんこ(ベンチ)が寄贈されたことが発表されました。

櫛田神社浜宮では、千代流の当番町がが棒洗いのために集まっており、舁き棒の到着を待っていました。
今日は日差しは少々強いながらも涼しい風が吹いており、少々過ごしやすい博多の町となりました。

舁き棒を積んだトラックが到着するまで、皆で神社の周りを清掃して回ります。

浜宮前に舁き棒を積んだトラックが到着。手慣れた手つきで舁き棒を運び下ろしていきます。オイサオイサと掛け声をかける人もおり、男達の間から笑い声が上がります。

舁き棒を境内に並べると、先ずはお祓いを受けました。棒を洗う道具、舁き棒、そして参加者。神職が振る大幣を低頭してお祓いを受けます。

清め祓いの儀に移り、海水を汲み上げます。

汲み上げた海水を舁き棒に注ぎ、まずは秀島將文総務が最初に棒をこすり、続いて当番町の役員がこすります。それが終ると、本格的な棒洗いが開始しました。

洗い終えた舁き棒の棒鼻に、総務らが御神酒を注ぎ無事奉納を祈願します。

最後に無事奉納を祈願して玉串を奉納し、来週末に行われる棒締めに向けて気を引き締めました。

ニュースカレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

山笠ニュース 最新記事

ニュース年間アーカイブ

61