山笠ニュース & レポート YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース櫛田神社の飾り山の飾り付けが行われました

櫛田神社の飾り山の飾り付けが行われました

山笠期間まであと一週間となった本日24日、櫛田神社の飾り山の飾り付けが始まりました。

130624-01

櫛田神社の飾り山は年中常設展示される飾り山ですが、6月10日に崩されて以降、ずっと山小屋だけの状態でした。再び飾りが入るのは約2週間ぶりとなります。

130624-02 130624-03

130624-03-2

130624-04

朝9時。雨が時々ぱらつく天候の中、櫛田神社の表の飾りを手掛ける人形師の田中比呂志氏、見送りを手掛ける田中勇氏が、前日に櫛田会館へ搬入した人形の飾り付け準備を行います。準備が終わったら、櫛田会館から人形や館を一つ一つ運び出しいよいよ飾り付けが始まります。

130624-05

130624-06 130624-07

130624-14

素山に登った山大工が、一番天辺の差し物を取り付ける所から飾り付けはスタートします。次々と人形が山の上に引き上げられ、下からスピーカーで人形師が位置や角度など細かく指示を出し、それに合わせて山大工が次々と据え付けていきます。まさにあうんの呼吸で山の飾り付けは行われていきます。

130624-15

「1体だけ見ると大きく見えるけど、山と比べると小さく見えるでしょ」と柔らかくにこやかに話す田中比呂志氏。「でも、大きすぎてもね、バランスが悪くなるんです」。長年の経験から、どれぐらいの大きさで人形を作るといいバランスになるかという事が頭の中で分かっており、それに合わせて人形を作るそうです。

130624-10 130624-11

130624-12

午前中のうちに人形など大きめの飾りの据え付けが終わり、午後からは館などの飾りの据え付けに移ります。

130624-09

午後には、テレビの取材でタレントのおすぎさんが訪れ、飾り付け途中の飾り山を見て驚いていました。

130624-13

今年の櫛田神社の標題は、表が「剛弓一箭源為朝(ごうきゅういっせんみなもとのためとも)」、見送りが神武東征熊野譚(じんむとうせいくまののたん)」です。
飾り付けは25日で終わりますが、公開は7月1日から。それまでは山小屋に幕が下げられ、静かに山笠のスタートを待ちます。