山笠ニュース & レポート

YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース各流の神事がスタート! 恵比須流、千代流、大黒流が行事を行いました

各流の神事がスタート! 恵比須流、千代流、大黒流が行事を行いました

百道にて開催されている「G20福岡 財務大臣・中央銀行総裁会議」も最終日となった本日6月9日(日)、各流の山笠神事が始まりました。この日も早朝から大博通り沿いは警官の姿が数多く見られましたが、その模様とは一線を画し、山笠行事は変わらぬ姿で粛々と執り行われました。

恵比須流 棒洗い

先週末、注連下ろしを行った恵比須流。今週はベイサイドプレイスの櫛田神社浜宮にて、棒洗いの神事を執り行いました。

午前7時過ぎに浜宮に、山笠に使用する6本の舁き棒を運び入れ、午前8時より神事が開始しました。

棒洗い神事に使用する舁き棒、道具、そして眼前の博多湾から汲み上げた潮水を櫛田神社の神職が祓い清め、そして参加する男衆を祓い清めます。

祓い清められた潮水を舁き棒に掛け、一年間の汚れと埃をたわしや縄で作ったたわしで洗い落とします。

この棒洗いには、数多くのメディアが取材に来ており、テレビクルーも棒を洗う模様を撮影していました。

棒をきれいに洗いあげた後、玉串奉奠を行って山笠の無事奉納を祈願し、棒洗いの神事は無事終了しました。

中州流 小屋入り

中州流は午前10時より、舁き山が置かれる中洲Uビルのエレベーターホールにて、小屋入りの神事を執り行いました。

神職は、参加者を祓い清めた後、祝詞を奏上します。参加者は低頭し祈願を行います。

清め祓いの儀では、舁き山が立つこの区域の四隅を清め祓いを行い神聖化。山笠の無事遂行を祈願します。

そして、山小屋や山笠台で使う道具も共に祓い清められ、安全祈願が行われます。山笠飾りの一部も置いて祓い清められるのは中州流だけの習わしです。

最後に、総務が玉串奉奠を行い、続いて役員、人形師、山大工が玉串を奉奠し、無事遂行を祈願しました。

千代流 小屋入り

今年の一番山笠を務める千代流は小屋入りの神事を執り行いました。舁き山と飾り山を持つ千代流は、まず午前10時に飾り山の小屋入りを、そして午前11時から舁き山の小屋入りを行いました。
今年の舁き山の山小屋は、飾り山が建つパピヨン24の対岸側。千代交番の裏手の道に建てられます。

木曜日から少々崩れていた博多の天気も本日は快晴。初夏の暑さを感じる強い日差しとなり、テントを張っての行事となりました。

櫛田神社の神職が、大幣を振り、山笠に参加する男たちを祓い清めます。

祝詞の奏上が行われた後、道路にテープを貼って描かれた山小屋が建つ予定の場所の四隅を、神職が祓って無事建設・安全祈願が行われます。

最後は玉串奉奠が行われ、山笠の無事奉納、安全遂行を祈願が行われました。

大黒流 小屋入り

大黒流は午前11時から小屋入りの神事を行いました。

G20の歓迎レセプションなどの模様を伝えるツイートに設置した山笠が紹介されています

G20の初日となった昨日6月8日(土)、初日の日程終了後に歓迎レセプションが行われ、その模様の写真に先日お伝えした山笠が移っていました。

櫛田神社も清道の鯉のぼりが外され、着々と山笠の準備が進んでいる様子です

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す