山笠ニュース & レポート

YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース元気な「オイサ!」の声を響かせて、令和初の子供山笠が始まりました

元気な「オイサ!」の声を響かせて、令和初の子供山笠が始まりました

時折太陽の日差しが強くなる蒸し暑さを感じる本日7月5日(金)。大人の山笠に先駆けて、博多小学校の子供山笠と千代流の子供山笠が流舁きを行いました。

博多小学校の子供山笠は、午後3時からの舁き出し。PTAや周辺地域の男性で作られるお父さんの会が、まず子供山笠を舁き出し地点となる校門前に据えます。今年の標題は「慈輝照新世(いつくしみのかがやきあらたなよをてらす)」。令和元年を迎えた記念に、天照大神が飾りとなりました。子供たちが自らの手で作った子供山笠で、標題も標題の解説も子供たちが作り上げました。

舁き出しの時間が近づくにつれ、先ほどまで大騒ぎだった子供たちの顔も舁き手の顔に。

先の道では、交代する生徒たちが「オイサ」の声を掛けて、山笠を呼び込みます。

「気合を入れていくぞ!」「1!2の!」の合図が掛けられ、元気いっぱいの「ヤアアアア!」の声と共に博多小の子供山笠がスタートしました。

女子生徒は、待っている男子生徒に向かって勢い水。舁き手の男子生徒たちはみんなの力をもらいます。

子供山笠は特別養護老人ホーム博多さくら園の前に舁き入れ、表敬訪問を行います。台上がりした子供から口上が述べられた後、祝いめでたがその場にいる全員で斉唱され、手一本が入れられました。

そして再び流舁きへ。前走りを務める低学年も元気にオイサの声を上げながら走り、勢い水を浴びて子供山笠は博多の街を駆け巡りました。
明日は14時15分より舁き出しが行われ、旧御供所と旧冷泉地区を舁き廻り櫛田入りを行う予定です。

千代流の子供山笠は午後4時からの舁き出し。雨の心配もなく、子供山笠には絶好の天気となりました。

校門手前に据えられた山笠にたっぷりと水を掛けて縄を締め上げていきます。

千代流の子供山笠も、舁き出し時間が近づくと、高揚感と緊張感が辺りを包み込みます。

舁き出し1分前が告げられると、台上がりの生徒が祝いめでたを謳い上げます。

祝いめでたを謡い終わると、「ヤァァァァ!」の声と共に千代流の子供山笠が舁き出しました。

舁き手の生徒たちは、懸命の力を振り絞って自分たちの山笠を舁きます。それは大人も子供も変わりません。

子供山笠は飾り山の横を通過。大人の山笠の山小屋を遠目で見つつ、今日はそのまま右折します。

前走りの子供たちには大人たちから容赦のない勢い水が飛び、水が掛けられるたび大喜びの悲鳴を上げる光景が数多く見られました。

もちろん勢い水は子供山笠にも浴びせられます。大人が天高く、そして地を這うように捲く勢い水を浴びて、子供山笠は前へ前へと進みます。あまりの水の多さに台上がりが思わず顔をぬぐう様子も見られました。

今日は一丁目~二丁目地区を舁きまわった千代流の子供山笠。明日は14時より三丁目~五丁目地区を舁き廻り、そして大人の山笠と表を向き合う「親子対面式」が行われます。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す