山笠ニュース & レポート

YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース恵比須流が地鎮祭を行いました

恵比須流が地鎮祭を行いました

5月25日、恵比須流が山小屋を建てる場所をお祓いする「地鎮祭」を行いました。今年の山笠の行事としてはこれが最初であり、山笠ナビもこれが今年最初の取材となります。

140525-01

汗ばむような快晴の本日、朝8時より山の関係者が集まりました。今年の恵比須流の当番町は下竪町。場所は下呉服町9丁目、大浜饅頭の近くとなります。

長法被の解禁は6月1日のため、6月1日以前のこの地鎮祭は全員スーツで正装しての参加。スーツ正装での山笠行事はとても貴重なショットです。

午前8時、地鎮祭が始まります。山小屋が建つ方角に作られた神棚に向けて、櫛田神社の神職が大麻を振り祝詞を奏上します。

140525-02 140525-03

神職は山小屋が建てられる場所の四隅に大麻を振り紙を撒き、山小屋が建つ場所の厄を祓って安全と無事奉納を祈願します。

140525-04 140525-05

最後に、玉串を奉納し地鎮祭は終了しました。終了した後、全員の顔に安堵の色が浮かびます。

140525-06

今年の恵比須流の山小屋は、個人宅の庭先と珍しい場所に建つことに。地鎮祭の後、山小屋の確認をする姿も見られました。

昨年栄誉の一番山だった恵比須流は、今年は七番山。関係者の「一つ一つまた丁寧に」という言葉が印象に残りました。

140525-07

恵比須流は旧暦に合わせて毎年6月1日に注連下ろしを行います。6月1日は来週土曜日。いよいよ2014年の博多祇園山笠のシーズンが始まります。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す