山笠ニュース & レポート

YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース「オッショイ」の掛け声が博多の街を包み込む! 全流お汐井取りが行われました

「オッショイ」の掛け声が博多の街を包み込む! 全流お汐井取りが行われました

不安定な天気が続く博多の街。本日も雨の降る可能性のある曇天の一日となった本日7月9日(火)、山笠参加者全員が参加する全流お汐井取りが行われました。お汐井取りとは、清めの砂を約3キロ先の筥崎浜まで取りに走り、そしてその道を戻って櫛田神社に参拝する行事です。

午後5時半のスタートに向けて、午後5時頃から各流で手打ちの挨拶が行われていきます。

午後5時20分、千代流の当番町がお汐井取りのスタート地点である石堂橋へ向かいます。

そして午後5時半、信号が青のタイミングで、一番山笠 千代流が筥崎浜に向けて走り出しました。

太鼓の音が響く中、威勢のいい「オッショイ!」の掛け声を響かせて、老いも若きも参加者全員が筥崎浜に向かいます。

千代流が出発してから5分おきに、以降の流も筥崎浜に向けて出発していきます。

約30分後、石堂橋を出発した千代流が筥崎宮に到着。以前は大鳥居があった参道を通り筥崎浜へ。浜に到着した参加者は海に向かって拝礼し、清めの砂を持ってきたてぼ(砂を詰めるための小さなかご)やお汐井枡、ビニールなどに詰めて持ち帰っていきます。

雨予報でしたが、何とか持ちこたえてくれている天気なので、筥崎浜の対岸にある高架道路からは望遠で筥崎浜の様子を修めるカメラマンたちの姿が。

千代流の拝礼が終わると、次に出発した恵比須流れが筥崎浜に到着。その後も、各流が次々到着し拝礼を行っていきます。

道中で疲れてしまって寝てしまった子供の姿も。

筥崎浜で礼拝を行った後は筥崎宮を参拝。そして再び博多部へ走って戻り、博多総鎮守の櫛田神社に参拝します。しかし、何とか持ちこたえていた天気がついに崩れ、ポツリポツリ。そして小雨に変わり、雨の中のお汐井取り帰路となりました。

最初に櫛田神社に到着した千代流は櫛田神社に参拝し、再び自分たちの町に走って帰っていきました。その後も間を置かず櫛田神社に参拝する各流が次々と到着。参拝を行っていきます。

最後は七番山笠 西流が櫛田神社に到着。時間は午後8時を回っており、各町が掲げた提灯の灯りが櫛田神社に近づいてきます。

櫛田神社への参拝を終えた後、再び走って自分たちの町へ。
足慣らしともいえる全流お汐井取りは、午後8時半過ぎに無事終了しました。

お汐井取りを無事終えた博多祇園山笠は、いよいよ「動」の山笠へ。明日10日は待ちに待った流舁き。いよいよ、舁き山が博多の街を駆け抜けます。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す