流の紹介・山小屋マップ

NAGARE INFO & YAMAGOYA MAP

山笠ナビ流の紹介・山小屋マップ福岡ドーム2014年 福岡ドーム

2014年 福岡ドーム

飾り山(表)

標題

常勝玄界鷹

(じょうしょうげんかいたか)

今年のソフトバンクホークスはちがうばい。注目の新戦力、私達が待ちに待った見逃せない試合、洗練されたチーム力。国指定の博多伝統文化「十番山笠」も今年も無事出来たし、ホークスファンとみんなで「オイサオイサ」で頑張るバイ。
私達が目指すものは日本一、この博多での優勝パレードがぜひぜひ見たかけん俺達もみんなで応援するバイ。ホークスがんばれ。

[人形師:置鮎琢磨]

飾り山(見送り)

標題

合戦大保原

(かっせんおおほばる)

時は南北朝時代。
南朝北朝の乱れに際し、菊池武光は南朝の正統を信じ、正平14年(1359年)後醍醐天皇の王子懐良(かねよし)親王を奉じ、四萬の武光軍と北朝方少弐頼尚(よりひさ)六萬の軍が雌雄を決する死闘を繰り広げた合戦で、菊池武光は少弐軍屈指の猛将"少弐新左衛門武藤(たけふじ)"と激しく組合って撃取り、阿修羅の叫びが敵、味方にとどろき渡った。武光は、更に小川を渡り、深く追おうとしたが、夜明け前からの激戦で、味方も疲れ、追撃する事を止め軍を山隈原にまとめた。折からの雷雨に水嵩を増した沼川の流れに入った武光は、鮮血に染った長太刀を洗ったところ刃は鋸の様にこぼれており、川の水はまっ赤に染った。
後世、この川は、太刀洗川と呼ばれる様になった。この古戦場の跡は現在の小郡市の中にあります。

[人形師:三宅隆]

山小屋の場所

歴代の飾り山

  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す