山笠ナビ チャンネルYouTube

博多祇園山笠用語辞典 YAMAKASA DICTIONARY

櫛田神社の紋(くしだじんじゃのもん)

櫛田神社は三神を祀っており、神社には3つの紋を掲げている。
左が素盞嗚尊(祇園宮)の紋、真ん中が大幡主命(櫛田宮)の紋、そして右側が天照皇大神(大神宮)の紋である。この三神の紋は、山留のプレートにも刻まれており、紋が並ぶ順番は変わらない。

「博多っ子は祭りの間はキュウリを食べない」という有名な禁忌話は、左の祗園宮の紋とキュウリの輪切りの切り口が似ているから、という理由のためである。

博多祇園山笠では、この三神の名前を書き込んだ額を扇状に並べた「天神(てんしん)」と呼ばれる差し飾りが、奇数番号の山笠に飾られる。

だが、紋については天照大神は女性神であるため、山笠の期間は大神宮の紋は使用されず、山笠を巻くように取り付けられる台幕や、博多祇園山笠のポスター、長法被と共に着用している帯の柄には、祇園宮と櫛田宮の2種類しか使われない。

なお、櫛田神社の境内にある鈴に付けられた麻縄は、左から祇園宮、櫛田宮、大神宮の縄となっているため、山笠期間中は舁き手は右側の縄を使わない、という事になっているらしい。

6
1