山笠ニュース & レポート

YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース恵比須流、大黒流が棒洗いを行いました

恵比須流、大黒流が棒洗いを行いました

140608-01

本日6月8日の朝、櫛田神社浜宮にて恵比須流、続いて大黒流が棒洗いを行いました。
『棒洗い』とは、山笠の舁き山に使用する舁き棒を、博多湾の潮で洗い清める神事です。
この日の博多は、曇りつつも穏やかな風が吹く天気。雨の心配がなく神事を執り行える日となりました。

140608-02

この日の棒洗いは、まずは恵比須流。 朝9時からの神事開始のため、男衆が早い時間から櫛田神社浜宮に集まりました。

140608-03

朝9時、恵比須流棒洗いの神事が始まります。

140608-04 140608-05

櫛田神社の神職による祝詞奏上、お祓いの後、舁き棒を丁寧に洗い清めました。

恵比須流が棒洗いの神事を終えた後、10時からは大黒流が同じく浜宮で棒洗いを行いました。
今年の当番町はすノ二。須崎橋のたもとに山小屋が建てられます。

140608-06

9時40分、浜宮に大黒流の舁き棒が到着。「大黒流」と彫られた舁き棒が降ろされ、神殿前に置かれた棒洗い御台に据えられました。

140608-07

舁き棒は一年ぶりの登場。博多湾からお潮を組み上げます。

140608-08

10時から神事が開始。 汲み上げた潮を舁き棒にかけて洗い浄め、最後は真水で丁寧にすすぎ上げます。

140608-10

140608-11

140608-12

140608-13

洗い清められた舁き棒は再びトラックに乗せられ、当番町へ。後日行われる棒締めを待ちます。

140608-14

この日の恵比須流の棒洗いでは、福岡大学附属大濠高等学校の新聞部も取材に。

140608-15
福岡大学附属大濠高等学校の新聞部の(左)龍正一郎さん(右)峯亮太さん

取材していた龍さんは、毎年恵比須流の官内町から山笠に参加。今年、新聞部に入部した事で、”取材”として恵比須流の棒洗いに参加しました。
棒洗い神事が終わり、龍さんは「外から見ていろんな発見がありました。中からと外からと見ることが出来てとても勉強になります。」と話していました。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す