山笠ニュース & レポート

YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース東流が御神入れを行いました

東流が御神入れを行いました

山笠開幕から一夜明けた本日7月2日(月)午前7時より、東流が御神入れの神事を執り行いました。

東流は舁き山と飾り山を持つ流なので、飾り山の前に舁き山を据えて御神入れを行います。

午前7時、神事が始まりました。櫛田神社の神職により参加者が祓い浄められ、祝詞奏上が行われます。

清め払いの儀では、舁き山と飾り山の表・見送りが祓い浄められ、舁き山と飾り山は奉納される「御神体」となりました。

最後に総務・役員・山笠を奉納した企業・山大工・人形師らが玉串奉奠を行い、無事神事は終了しました。

舁き山の飾り付けの様子

昨日と今日で舁き山の展示も始まっている流があります。御神入れが行われるまで一般公開ができないため、御神入れが終わった本日をもってその模様をご紹介。

千代流は6月30日の午前9時より飾り付けを行いました。標題は「藤花庸功千代芳(とうかようこうちよにかんばし)」。あいにくの雨でしたがテントを張って川﨑人形師が飾り付けを行っていました。

土居流は6月30日の午後より飾り付けを行いました。標題は「歌舞伎十八番 暫(かぶきじゅうはちばん しばらく)」。人形を見て「怖い!」と顔を曇らせる子供が何人もいたのにびっくり。それだけ迫力のある素晴らしい飾りが今年の土居流の飾りになります。

東流は昨日7月1日の午後より飾り付けを行いました。標題は「思君慈母成鬼神(きみをおもえばじぼもきしんとならん)」。うだるような暑さの中、白水人形師と山大工の手によって舁き山飾りが出来上がっていきました。

7月1日の様子

昨日撮影した写真は飾り山単体のの写真を含めて770枚越え。使いたかった写真もありましたがあまりの多さに使用を断念した写真も。特別に使ってない写真の中から一部をご紹介します。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す