山笠ニュース & レポート

YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース“家康公四百年祭”「静岡まつり」に博多祗園山笠が参加します

“家康公四百年祭”「静岡まつり」に博多祗園山笠が参加します

shizu-yokoku

静岡県で毎年4月に開催される「静岡まつり」(4月3日~5日、静岡市)に、博多祗園山笠が登場します。

静岡まつりは、「ここ駿府で徳川家康公が家臣を連れて花見をした」という故事に習い、『大御所花見行列』をメインに、桜の花咲く頃のおまつりとして市民に親しまれています。

今年は徳川家康公顕彰400年記念の年。「日本のまつり ~家康公のもと駿府へ~」と題して、日本中から静岡や家康公ゆかりの6つの「まつり」が集結します。
博多祗園山笠は、その発祥の地である承天寺の開祖 聖一国師の出身地が静岡という縁もあり、参加する事となりました。舁山が県外に遠征するのは、2004年に中国・上海市に遠征して以来、11年ぶりとなります。

博多祗園山笠以外にも、群馬県の「太田市尾島ねぷたまつり」(徳川氏発祥の地)、高知県の「よさこい鳴子踊り」。徳島県の「徳島阿波おどり」、埼玉県の「川越まつり」が参加。

参加する祭りの中でも、博多祗園山笠は約200人以上のもっとも多い参加人数を予定しており、静岡に博多の夏の熱気を届ける事になります。

山笠が登場するのは、静岡まつりの最終日である4月5日(日)。
今年の一番山笠・大黒流(ながれ)の山笠台を使用した舁山が静岡市役所前の御幸街道を疾走します。

山笠ナビもこの静岡まつり取材で、静岡まで遠征します。
レポートをお楽しみに!(現地からの随時中継は山笠ナビtwitterで随時行っていく予定です)

●関連リンク
静岡まつり公式サイト
徳川家康公顕彰四百年記念事業

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す