山笠ニュース & レポート

YAMAKASA NEWS & REPORT

山笠ナビ山笠ナビ通信山笠ニュース蒸し暑い曇天の下、集団山見せが行われました

蒸し暑い曇天の下、集団山見せが行われました

本日13日、七流の舁山が福岡部に舁き入れる集団山見せが行われました。集団山見せは、山笠行事で唯一博多部(博多)から福岡部(天神)に舁き入れる行事です。今日は湿度94%という息苦しいような曇天の天気でしたが、日曜日とだけあってたくさんの見物客が明治通り沿いを埋めました。

 

140713-01

140713-02

140713-03

140713-04

 

スタートの1時間半前、各流の舁山がスタート地点である呉服町交差点に集合します。

 

140713-05

140713-06

山列に並んだ舁山に今年の台上がりの知名士が台上がりします。その各山に博多祗園山笠振興会が表敬の手一本をして回ります。
今年は中洲流に旧福岡藩の黒田家16代当主 黒田長髙さん、恵比須流に逸見明正さんが台上がりしており少々緊張した面持ちで手一本を入れていました。

 

140713-08

午後3時半、讃合会が打ち上げる刻を告げる花火が上がると同時に、一番山の土居流が出発。

140713-09

逸見アナも見事な台上がりっぷりで福岡部へ向かいました。

 

この集団山見世のスタートの模様は、山笠ナビではUstreamで生中継を配信しました。合わせてご覧下さい。


Broadcast live streaming video on Ustream

 

140713-10

140713-11

140713-12

140713-13

140713-14

140713-15

140713-16

140713-17

 140713-18

140713-19

各舁山は博多部と福岡部を繋ぐ西大橋を渡り、福岡部へと舁き入れて福岡市役所に表敬訪問を行い、再び博多部へ戻っていきました。

 

140713-20

集団山見せが行われる13日の隠れた見所は、復路から戻ってきた土居流、大黒流、西流、恵比須流の四流が櫛田入りを行うところ。この日は無料で開放されている桟敷席に座れば、たくさん櫛田入りを体験できるとだけあって、たくさんの山笠ファンが詰めかけました。
復路から戻ってきた各舁山は驚きの声と拍手の中、櫛田入りを行いました。

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す