山笠ナビ チャンネルYouTube

流の紹介・山小屋マップ NAGARE INFO & YAMAGOYA MAP

2024年 千代流

舁き山

標題

(とどろき)

蒼天のもと 轟音一発 残心のかまえ
-黒田藩御留流陽流抱え大筒-

戦国時代天文年間、鉄砲が伝来して戦術が一変した。その中でも大筒と呼ばれる大口径の鉄砲は、大坂の陣では大坂城を直接砲撃するなど勝敗を左右した。
一〇〇匁(370g)の弾を放つ重量一〇貫目(37kg)の大筒・別名国くづしは城門攻めなどに使用された。本来、台に乗せてはなたなければ支えられない大筒をさらしで巻き、腕に固定し撃ちはなつ。江戸の初めには重さ3kgの弾を120kgの大筒で抱えて放った記録もあるという。

黒田藩の若武者が、青空の下、大筒を撃ちはなった砲声がとどろき渡る。その後の残心をとる姿。古来武術では残心が最も大事と云われ、技をかけ、その後最後まで気を抜かず集中して次に備え、それにあたる。
その美しく雄々しい姿を奉納いたします。

[人形師:川﨑修一]

山小屋の場所(2024年度)

飾り山

飾り山(表)

標題

発表前

飾り山(見送り)

標題

発表前

山小屋の場所

歴代の舁き山

  • 2024年
  • 2023年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年

歴代の飾り山

  • 2024年
  • 2023年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年