流の紹介・山小屋マップ

NAGARE INFO & YAMAGOYA MAP

山笠ナビ流の紹介・山小屋マップ大黒流

大黒流

流の区域が昔からほとんど変わらず、古いしきたりが色濃く残っている伝統ある流です。博多松囃子(どんたく)の「大黒流」とも区域がほぼ同じで、博多山笠と博多松囃子の両方に参加する住民も多い。
水法被にも古い伝統が随所に残っており、白地に紺文字の水法被に統一された東流や千代流と違い、町毎に独特の柄のものを着用します。
飾り山は建設せず、舁き山のみを建てます。古来からの山笠を色濃く残すため、マスコミの取材等も非常に多い流です。

2016年度 大黒流 舁き山

標題

鐵心肝

(てっしんかん)

修行者が死をも畏れず、悟りを妨げる煩悩などの様々な障害を勇敢に打ち破り、精進して悟りに向かう志の固さをいう。
阿含経には『一人敵万人(いちにんばんにんにあたる)』とある。
『道を爲すとは、譬えば一人と万人と戦うが如し。鎧を掛けて門を出で、意或いは怯弱、或いは半路にして退き、或いは格闘して死し、或いは勝を得て還る。沙門の学道も応当に其の心を堅持し、精進勇鋭にして前境を畏れず、衆魔を破滅して道果を得べし』と説かれている。
真田信繁もまた、戦国の乱世にあって、心を堅持し幾度となく幾万の敵兵にむかい戦果をあげ、日本一の兵と今尚語り継がれている。

[人形師:置鮎正弘]

歴代の舁き山

  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年

山小屋の場所

最寄りの交通機関

福岡市営地下鉄「中洲川端」より徒歩6分
西鉄バス停「川端町・博多座前」より徒歩6分
福岡シティループバス「博多座・福岡アジア美術館前」より徒歩6分

舁き出し時間

7/1
(金)
7/9
(土)
7/10
(日)
7/11
(月)
7/12
(火)
7/13
(水)
7/14
(木)
7/15
(金)
当番町
お汐井取り
全町
お汐井取り
流舁 朝山 他流舁 追い山
ならし
集団
山見せ
流舁 追い山
18:00 18:00 17:00 5:00 17:00 町舁出 14:20
山列入 14:30
櫛田入 16:30
町舁出 14:45
山列入 15:00
出 発 16:00
17:00 町舁出 1:50
山列入 2:00
櫛田入 5:30

※お汐井取りの時刻は、石堂橋の出発時刻

表をスライドして見ることができます

流の地域

大黒流の長法被・水法被

長法被

すノ一
つノ一
下新
麹屋番
古ノ一
川中
すノ二
川端
すノ三
古ノ二
寿通
つノ二

水法被

すノ一
つノ一
下新
麹屋番
古ノ一
川中
すノ二
川端
すノ三
古ノ二
寿通
つノ二

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す