流の紹介・山小屋マップ

NAGARE INFO & YAMAGOYA MAP

山笠ナビ流の紹介・山小屋マップ福岡ドーム

福岡ドーム

平成12年から建てられるようになった新しい飾り山で、博多から最も離れた場所にある飾り山です。
建てられる場所は福岡ドーム横だけあって、毎年表の飾りには福岡ソフトバンクホークスの人気選手の人形が飾られます。またこの時期は山笠シリーズと銘打たれて主催試合が行われるため、野球観戦に来たプロ野球ファンの間で大変話題となります。

2018年 福岡ドーム

飾り山(表)

標題

躍進玄海鷹

(やくしんげんかいたか)

最強若鷹が今年も優勝するもんな 優勝パレードは何べん見てもよかばい。 今年も「もう一項」勝って 日本一になって 決勝に向かって走りぬくばい。 オイサ、オイサ走れ ヤフオクドームばりもりあげろう。

[人形師:置鮎琢磨]

飾り山(見送り)

標題

攻防千早城

(こうぼうちはやじょう)

元弘2年(1333年)護良親王が吉野で兵を挙げると、楠木正成は大阪と奈良県境の尾根、千早城にたてこもり敵の幕府軍足利尊氏は大軍を送って攻めさせましたが、千早城はどうしても陥落しません。 東と西の深い谷で囲まれ、南と北には険しい峰もそびえ立つ所です。楠木勢は僅か千余騎、正成は山上から大石や材木を転がり落としたり、深い谷にかけ橋を作って、進んでくる敵には、たいまつに火をつけて橋の上に投げ落とし、相手を寄せつけません。こうして幕府軍の総攻撃は失敗して戦意を無くしてしまいました。 幕府軍に加わっていた新田義貞が護良親王を受けて本国へ引き上げたのを始め、逃げ出す将兵が日毎に数を増して、敵の軍勢はいつか半数になってしまいました。 こうしているうちに幕府を倒そうとする反乱が、全国に起こり始めました。

[人形師:三宅隆]

歴代の飾り山

  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年

山小屋の場所

最寄りの交通機関

福岡市営地下鉄「唐人町」より徒歩15分
西鉄バス停「九州医療センター前」より徒歩1分
福岡シティループバス「ヒルトン福岡シーホーク」より徒歩6分

福岡ドームの長法被

長法被

山笠ナビ

Translate contents

サイト内検索

目的で探す